株式会社イー・ロバート・パーカー・ジャパン

ロバート・パーカーのご紹介

ロバート・パーカー(Robert M. Parker Jr)1947年生まれ。神の舌を持つ男と呼ばれ、世界で最も影響力のあるワイン評論家。パーカーポイント(PP)によるワイン評価は、世界のワイン市場に多大な影響を与えている。

 

パーカー・ポイント(PP)とは?

ロバート・パーカー氏を中心とするワイン・アドヴォケート・メンバーによるワインの評価点で100点満点で示される。

100点〜96点 Extraordinary 【格別】

深遠で複雑な個性があり、その品種で作られる古典的なワインに期待される、あらゆる属性を見せている。これほどのワインであれば、特別な努力を払っても探し・購い・飲む価値があると思う。

95点〜90点 Outstanding 【傑出】

格別の複雑さと個性がある、すばらしいワインだと思う。

89点〜80点 Above Average to Excellent 【かろうじて並以上から優良】

程度はさまざまながらフィネスや味わい、個性を見せており、気になるような傷はない。

79点〜70点 Average 【並】

見るべきものはほとんど無いが、作りは健全。早い話が短刀直入で無味乾燥なワイン。

69点〜60点 Below Average 【並以下】

気になる欠陥があり、酸やタンニンが過剰だったり、味わいが欠如していたり、ひょっとすると不潔な香りや味わいがあるかもしれない。